FC2ブログ

Precious One  ~食にまつわるエトセトラ~






スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


焙煎の楽しみ :: 2012/06/17(Sun)

ここのところ、家で楽しむコーヒーは手焙煎しています。
一度に50gくらいを数回、小さな焙煎器を使って焙いています。

焙煎のセミナーの際に、講師の方から
「焙煎は五感で楽しむもの」 とお聞きしたのですが
まさにそのとおりです。
まず、焙煎前に欠点豆を除去します。
煎り始めから数分で豆の色が変わり始め、コーヒー独特の香りが漂います。
感触もだんだんと軽くなり、さらに煎っていくと、パチパチと弾けるような音がして
その音が変化していくのを聞き分けて煎り止めます。
煎り上がったばかりの豆をザーッとざるに上げて、ふっくら焙き上がった様子を見るときは
毎回ながら 「わー♪」 と気分が高揚します。
そして、急冷して、さらに欠点豆をチェックします。
だいたい、翌日以降にいただきますが、待ちきれないとその日の晩に味わいます。

見る・聴く・触れる・嗅ぐ・味わう すべてを駆使して煎り上げるのです。

どのタイミングで煎り止めるかによって、味わいが全く違うものになってしまうのですから
以前、「コーヒーの鬼がゆく」 を読んだ時に触れた
「コーヒーの味は焙煎で決まる」 という意味が、本当によくわかります。
やはり、実践と体験ですね。

最近は、帰宅後の焙煎が楽しみになっています。
「今日はどんな煎り上がりになるかな」 とワクワクしながら帰路を急ぎます。


今日の午前中に焙煎した豆です。
ブラジル・サンタアリーナ農園からの豆たち。
左が焙煎前の生豆。
自分で焙煎をするまで現物に触れたことがなかったのですが、こんなに青くて、小さいんです。

IMG_1803_convert_20120617140359.jpg


スポンサーサイト
  1. Coffee Lover's
  2. | trackback:1
  3. | 本文:0
<<コーヒーを求め食す旅 ~その1~ | top | 職場でドリップコーヒー>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://preciousonediary.blog.fc2.com/tb.php/89-51eaa50d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【焙煎の楽しみ】

ここのところ、家で楽しむコーヒーは手焙煎しています。一度に50gくらいを数回、小さな焙煎器を使って焙いています。焙煎のセミナーの際に、講師の方から「焙煎は五感で楽しむも...
  1. 2012/06/20(Wed) 18:29:19 |
  2. まとめwoネタ速neo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。