Precious One  ~食にまつわるエトセトラ~






スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


ハワイアンな豆たち :: 2012/05/28(Mon)

最近、我が家のコーヒーコーナーを占拠しているのは、ハワイ島からやってきた豆たち。
なるべく新鮮なうちにいただきたいので焙煎日と、豆の規格
わかればどこの農園のものかを記入して保存しています。

IMG_1630_convert_20120527161013.jpg

ハワイのコーヒーといえば、コナコーヒー。
ブルーマウンテン、キリマンジャロと並び、世界三大コーヒーの一つとされています。
ハワイコナコーヒーは、ハワイ島はカイルアコナ、マウナロア山の西側斜面の地域で栽培されています。
生産量が少ないことと、諸所のお国事情から、コナ100%の豆は、ほかの豆よりちょっと高めで
100g 1000円くらいで販売されていますが
「ハワイコナ」と名乗るには、コナコーヒーが10パーセント入っていればよいそうで
普段用に手に入れやすいのは「ハワイコナブレンド」。
だいたい、200gで1000円くらいでしょうか。

一口に 「ハワイコナ」 と言っても、等級があるんです。
それは、生豆の大きさと欠点豆の含有率で決まりますが
上から、エクストラ・ファンシー、ファンシー、No.1、セレクト、プライムの順番です。
この5種類までが「ハワイコナ」として販売が認可されている豆で
それ以下の豆は、たとえコナ地区で栽培されたものであってもコナブランドを名乗れないのだとか。

最近、ご縁があって、コナ地区の農園でお手伝いをされていた方から
その農園の豆を焙煎していただき、購入しました。
プリンセスラダファームという中規模農園で栽培されたもので、規格はエクストラ・ファンシーです。

IMG_1621_convert_20120527164901.jpg

手焙煎されているとは思えないほど、煎りムラのない、美しい豆です。
香り豊かで、まろやかなとても飲みやすい味です。

大規模農園では、小さい農園の豆を買い、自園のものとして販売されていることが多い中
こちらはの農園は、単一農園で栽培されたものだけを、誇りをもって販売されているのだそうです。


*豆の保存について
 我が家は夫婦二人で、朝夕の二回、つまり、一日50gくらいの豆を使用
 いろんな農園のものを少しずつ買っているので、今の季節、まだ涼しめの棚に保存しています。
 豆のままなら、常温で、焙煎日から10日から2週間までが美味しくいただける目安です。
 常温で飲みきれる量をこまめに買うのが美味しくコーヒーをいただくコツです。
 すぐに飲まない分は密封袋などに入れて、冷凍すれば一ヶ月くらいもちます。
 挽いたものは、2~3日で飲みきるのが良いようです。
 

スポンサーサイト
  1. Coffee Lover's
  2. | trackback:1
  3. | 本文:0
<<チューブ絞り | top | おうちでふわふわラテ♪>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://preciousonediary.blog.fc2.com/tb.php/86-0dd62088
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【ハワイアンな豆たち】

最近、我が家のコーヒーコーナーを占拠しているのは、ハワイ島からやってきた豆たち。なるべく新鮮なうちにいただきたいので、容器には焙煎日と、豆の規格わかればどこの農園のもの...
  1. 2012/05/28(Mon) 11:01:44 |
  2. まとめwoネタ速neo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。