Precious One  ~食にまつわるエトセトラ~






スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


鎌倉の紫陽花と建長寺 :: 2016/06/03(Fri)

紫陽花を愛でに、鎌倉までふらっとドライブに出かけました。
所々に、ふんわりと美しく咲いていましたが
「見ごろ」 といえるまでにはもう少し、という所でしょうか。

IMG_7885_convert_20160603224157.jpg

IMG_7913_convert_20160603224232.jpg

鎌倉へは何度も来ているのに、初めて訪れたここは
日本最古の本格的な禅道場として創建された、建長寺。

IMG_7870_convert_20160603224453.jpg

禅の本で読んで、坐禅道場があることは知っていましたが
通うのは難しいかな、と思っていたので、来ることができただけで気分が高揚。
方丈は 「龍王殿」 と呼ばれ、襖に龍が描かれています。
ここで、坐禅会が行われているようです。

IMG_7904_convert_20160603225226.jpg

そして、この法堂の中に、驚きがありました・・・

IMG_7912_convert_20160603224541.jpg

天井を見上げると、見慣れた画風の絵が・・・ 「あれっ?小泉画伯の龍?!」 
京都の建仁寺で出会ってから、ずっと心の中にある、双龍図。
その龍を描いたのが小泉淳作画伯なのですが
なんと、この建長寺でも、小泉画伯の龍が天井絵になっていたのです。
こんなに近い場所で、小泉画伯の龍を観ることができるなんて・・・驚きと幸せです!
この龍を観るだけでもここへ来る価値がある、素晴らしい絵です。
建仁寺の龍は二頭で 「双龍図」 建長寺の龍は一頭で 「雲龍図」
小泉画伯は鎌倉にお住まいだったそうです。

法堂の入り口に、見守るように佇むフクロウが愛らしい。

IMG_7900_convert_20160603224604.jpg

建長寺の梵鐘は、1933年に国宝に指定され、鎌倉三名鐘の1つとされています。

IMG_7875_convert_20160603225643.jpg

関東一美しい梵鐘として知られ、音色が人の鳴き声に似ていることから
「夜泣き鐘」 とも呼ばれているそうです。

この日のお昼は 「鉢の木カフェ」 で。 店構えも店内も、とてもステキです。

IMG_7866_convert_20160603231834.jpg

IMG_7859_convert_20160603231913.jpg

野菜たっぷりの北条セットと自然薯そばで、お腹に優しいランチです。

IMG_7863_convert_20160603232032.jpg

IMG_7865_convert_20160603232050.jpg


スポンサーサイト
  1. お外ごはん&カフェ
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0
<<ふわふわパンケーキを食べに・・・ | top | 行列に撃沈>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://preciousonediary.blog.fc2.com/tb.php/480-f83a77f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。