FC2ブログ

Precious One  ~食にまつわるエトセトラ~






JAZZ耳 :: 2014/04/09(Wed)

「どんな音楽が好きですか?」 と聞かれると
「気に入れば何でも聴きます」 と答えてしまいます。

ポップスもソウルもコンテンポラリーも、邦楽・洋楽問わず
気に入ればなんでも聴きます。
いろいろと聴くんですが、「やっぱり好き」 と戻ってくるのは
JAZZかな、と最近よく思います。

テレビCMで気になっていた、ジャズ耳養成マガジン 「JAZZ 100年」
隔週で発売される、コンピレーションCDです。

こういう感じのシリーズは、以前にも買ったことがあって
揃え始めると全巻制覇したくなりますが
だいたい途中で挫折していました・・・
気張らずに好きな号だけ買うのもいいかな、と第1号を買ってみました。

IMG_9427_convert_20140406145902.jpg

「まずピアノ・トリオから始めよう」

今回の中で特にお気に入りの曲たち・・・
ビル・エヴァンス 「ワルツ・フォー・デビイ」 「いつか王子様が」
オスカー・ピーターソン 「シカゴ」

これらはお馴染みの曲ですね。
普段、ジャズを意識していない人でも、一度は聴いたことがある曲だと思います。
「ワルツ・フォー・デビイ」 は、ジャズ入門のCDなどによく収録されていますが
ジャズを聴き始めた頃を思い出す "鉄板" 的な曲。
「いつか王子様が」 はディズニーの白雪姫でお馴染みのロマンチックなナンバー。
「シカゴ」 を聴くと、フランク・シナトラの 「シッカーゴ、シッカーゴ~」
という歌声を思い出す方も多いのでは・・・。
このオスカー・ピーターソンのピアノバージョンも
自然に体が動き出してしまいそうな軽快なリズム!

1曲ごとの解説が書かれている、カラーの冊子も付いています。
これから、ジャズを聴いてみようと思っている人
ジャズを聴きたいけど、何から聴いていいかわからない、という人にも
おススメの構成ではないでしょうか・・・

やっぱりジャズはいいですね。

スポンサーサイト



  1. Book・Music・TV・・・
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0
<<2014 マスターズゴルフ | top | あり合わせの材料で・・・>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://preciousonediary.blog.fc2.com/tb.php/299-e06f33b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)