Precious One  ~食にまつわるエトセトラ~






スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


行列に撃沈 :: 2016/05/29(Sun)

5月24日まで東京都美術館で開催されていた、江戸時代の絵師、伊藤 若冲展。
生誕300年記念、1ヵ月間の展示でした。

IMG_7815_convert_20160528142726.jpg

日曜日のお昼過ぎに行ってみましたが・・・なんと150分待ち!
行列が苦手な我が家ですので、諦めてその場を後にしました・・・
会場でしか手に入らない記念グッズだけはしっかりゲットして。

図録は、当日は完売していて、予約・配送扱いになっていました。
一緒に行った方が購入し、10日程かかって届いたようです。

お借りして見ましたが、鮮やかな色遣いのものから、版画、墨絵まで
あらゆる手法、繊細な筆遣いが印象的。
鳳凰、鶏などいろいろな鳥、寅、犬、昆虫、魚など、絵から飛び出てきそうにリアルで美しく
釈迦三尊像や、一枚の絵に様々な動物、様々な鳥が描かれた、モザイク屏風も有名ですね。
花や雪景色もため息が出るほどで、もう 「きれい・・・」 としか言葉が出ません。
素晴らしい作品ばかりですが、図録の裏表紙にも使われている
「芍薬群蝶図」 に一番惹かれました。

また機会があれば、次こそ、本ではなく実物を見てみたいと思っています。
この1ヶ月の展示に、40万人が訪れたそうです。

スポンサーサイト
  1. My favorite
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0


くっついたり離れたり・・・ :: 2016/05/28(Sat)

この8年間の間に、2度の別れと、3度目の出会い・・・

IMG_7828_convert_20160528144404.jpg

付き合ったり別れたりを繰り返す、8年越しの恋人みたいな仲になっています。
「恋人の名前は、クロエです」 なんて。

2008年に発売された際に一世を風靡し、ご多分に漏れず私も・・・
ですが、あまりに流行りすぎて若いお嬢さんが皆、この香り。
そして、香りが広がりすぎて、使いこなせない・・・
一度は手放すも、数年後にまた懲りずに購入。
その時には、パヒュームボディクリームとボディローションも揃えました。

IMG_7824_convert_20160528144449.jpg

ですが・・・うーん、やっぱり香り過ぎて使う頻度が少ない、と、またさようなら。
その後も、ボディクリームだけはずっと使い続け
このボディクリームを着けている日は、男女問わずたくさんの方から
「香水変えたんですか?石鹸みたいな香り!」とか
「いい匂い!なんていう香水?」 などと聞かれました。
あれだけ巷にクロエが流行っても、それとは気づかれないとは・・・
そう、このボディクリーム、オードパルファムとはちょっと違う
より、ローズ石鹸のような、柔軟剤のような、ふんわりした香りなのです。
自分のメインの香水は、ランスタン・ド・ゲランと決めているし
もう、クロエはボディクリームだけでいいわ、と思っていたのですが・・・

先日、六本木ミッドタウンに行った折に、いつも立ち寄るブティックに入ると
「うわ~、いい匂い」 夫まで 「石鹸みたいな匂いがする!」 と。
接客してくれた方に 「このお店、いい匂いします。クロエみたいな・・・」 と言うと
「あ、私です。クロエ着けてます。」 やっぱり~。 

人と被っても、香りが広がり過ぎても、家でのくつろぎタイム専用なら、と3度目の正直。

IMG_7820_convert_20160528144511.jpg

ちょうど、ボディミストが発売されていて、これなら軽くて持続時間が短いので
お出かけ前にも着けられる、と言い訳をして一緒に購入。
白い装いが清潔感があってステキ。
キャンペーン中とかで、おまけもいろいろ付いていました。

IMG_7819_convert_20160528144531.jpg

この香りと出会ってつくづく思うことですが・・・
世の中いろいろな香りがありますが、なんだかんだ言っても、みんな石鹸の香りが好き。
香りものが大好きな私は、芳香剤でも、柔軟剤でも、本当にたくさんの種類を試しましたが
結局行き着くところは 「シャボンの香り」 なんですよね。
清潔感とか包み込まれる安心感とか、そういうものを求めてるんですね、きっと。

  1. My favorite
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0


窓辺 :: 2016/05/24(Tue)

キッチンの小さな窓。

IMG_7809_convert_20160524235027.jpg

窓枠が額縁のようなので、ミニマムなものをちょこんと置くのがお気に入り。


  1. My favorite
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0


ガラスの季節になりました :: 2016/05/18(Wed)

ご案内がすっかり遅れてしまい、会期が半分過ぎてしまいましたが
Fikaにステキなガラスのうつわをお送りいただいている
今村 知佐さんの個展が開催されています。

IMG_7771_convert_20160518170557.jpg

DMの作品は、Fikaではまだお取扱いさせていただいておりませんが
金属とガラスの組合わせが、とても繊細で美しい。

大学時代に工芸の素材から金属を専攻し
学ばれる過程からガラスの仕事に就くことを決められたそうです。
2つの素材を、それぞれの魅力を引き出しながら1つの作品を生み出す
今村 知佐さんの美しい作品たち。

IMG_7791_convert_20160518171515.jpg

銀座の Ecru + HM さんにて 5月14日~22日まで開催されています。

  1. Fika のこと
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0


アンティークのよう・・・ :: 2016/05/02(Mon)

茨城県・笠間で作陶されている、阿部 慎太朗さんのうつわ。

IMG_7661_convert_20160502002211.jpg

アンティークのうつわのように美しい、プレートや豆皿、ピッチャーを
ご紹介させていただいています。

IMG_7710_convert_20160502002255.jpg

細部まで丁寧に作られた、繊細なフォルムは、うっとりするような美しさです。
裏側には、うつわの雰囲気にぴったりな、オシャレな刻印が施されています。

IMG_7479_convert_20160502003404.jpg

こんなにステキなうつわを生み出している阿部 慎太朗さん。
穏やかでシャイな雰囲気の方です。

  1. Fika のこと
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。