Precious One  ~食にまつわるエトセトラ~






紅葉を求めて〜その2〜 :: 2012/11/27(Tue)

お腹がいっぱいになったら、大涌谷を目指してGO!
と、出だしはよかったのですが・・・
大涌谷の手前から一キロの渋滞。 到着まで一時間も掛かってしまいました。
それでも、こんなキレイな富士山に出会えたら、渋滞のモヤモヤも忘れてしまいますね!

IMG_3875_convert_20121127233245.jpg

名物大涌谷の黒たまご、一つ食べたら寿命が7年延びるとか?!

IMG_3884_convert_20121127233356.jpg

黒たまご専用のロープウェイで続々と運ばれて来ます。

IMG_3880_convert_20121127233324.jpg

黒たまごの次は、黒いソフトクリーム。
真っ黒ですが、なんと、いちご味です!!
炭が入っているのでこんな色に・・・。

IMG_3893_convert_20121127233430.jpg

箱根の紅葉も終わりに近づいていましたが
この日一番の紅葉は、箱根神社の境内でした。
箱根神社は、大好きな場所。
今年、ここにくるのは3回目かな・・・。

IMG_3899_convert_20121127233457.jpg

締めは、天山湯治郷でのんびり、湯ったり。

IMG_3909_convert_20121127233525.jpg

ここからは撮影禁止なので、悪しからず・・・。

敷地内に、休憩所やお店も備えた「ひがな湯治 天山」
温泉のみの「かよい湯治 一休」、宿泊施設「逗留湯治 羽衣」
「蕎麦 そう楽庵」などがあります。
和風モダンでオシャレな設備、野天風呂もゆっくりできましたが
お風呂上がりにコーヒーをいただいた、Cafe「うかれ雲」がステキでした。

デスポルパード珈琲という珍しいコーヒーをいただいてきました。
空覚えなのですが・・・デスポルパード珈琲とは
30年前に災害で壊滅してしまったブラジルの農園の豆で
今回、奇跡的に少しだけ入荷した幻の豆なのだとか・・・
お店の名前がついた「うかれ雲ブレンド」と比べると
苦味が強くコクのある味で、美味しいコーヒーでした。

あっという間の1Day Tripでしたが、充実した一日でした♪

スポンサーサイト
  1. My favorite
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0


紅葉を求めて~その1~ :: 2012/11/25(Sun)

東京から日帰りで行くことができるエリアでも
この週末辺りが紅葉の見納めになりそうですね。

紅葉を愛で、美味しいものをいただき、温泉でのんびり・・・
箱根に行ってきました。

到着がちょうどお昼だったので、グルメ口コミサイトで見つけたうなぎ屋さん「友栄」さんへ。

IMG_3838_convert_20121125143703.jpg

11時半でしたが、すでにウェイティングが出ていました。
待つこと20分。
受け付けしたときに注文できるので、席に通されてから料理が出てくるのは早かったです。
違うものを1つずつ注文してみようと、上うな重としら焼御膳をお願いしました。

IMG_3845_convert_20121125143809.jpg

IMG_3849_convert_20121125143836.jpg

こちらのお店では「青うなぎ」を使用しているそうです。
ふっくらふわふわで肉厚です!

IMG_3842_convert_20121125143735.jpg

このうな重のたれ、たれ&ごはんだけでも十分いけます!
しら焼の方はゆず胡椒と山椒味噌を付けていただくのですが
しら焼にゆず胡椒って、合うんですね!
山椒味噌も初めてでしたが、やっぱりうなぎと山椒ってベストマッチです!
自分でおろすわさびがまた美味しかった~!
必要以上にガリガリ擦ってしまい、夫に「もういいんじゃないの~」と呆れられる始末。

耳を澄ませていると、茶わん蒸しのオーダーがひっきりなしに入っていたので
きっと美味しいのでしょうね・・・次はお願いしてみましょう。

昨年、食べログベストレストランに選ばれたこちらのお店。
味はさることながら、気持ちの良い接客で、受賞も納得です!

IMG_3852_convert_20121125143901.jpg

小田原厚木道路を風祭で降りてすぐ。 おススメです♪

IMG_3923_convert_20121125150351.jpg

  1. 美味しいもの
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0


光りに弱いのです。 :: 2012/11/23(Fri)

コーヒー豆の4つの敵!!
それは、湿度、光、酸素、水分。
加えて、コーヒーがどのような状態であるか・・・豆のままか、挽いたものか。
これらが劣化を促進させる重要な要素だということを、改めてセミナーで教わり
豆の保管を見直すことに。

湿度や酸素には気を付けているにしても
光り(紫外線)がコーヒー豆の色や風味、油脂に影響してくるとは
これまでの瓶での保存はいかがなのか・・・
やはり、光を通さない密閉できる容器が良いのでしょう。

まぁ、我が家はコーヒーの消費がとにかく激しいので
劣化する前になくなっているのが現状なのですが
それでも、せっかくの美味しいコーヒー、少しでも良い状態でいただきたいですよね。

そこで、しばらく食器棚のディスプレイとなっていた保存容器を引っ張り出してみました。
一番手前のコーヒー缶は、中蓋まで付いていて、湿気・酸素対策もばっちりです。

IMG_3918_convert_20121123145524.jpg

WECKのイチゴマークの可愛らしい瓶に、コーヒー豆を入れるのがお気に入りだったのに・・・
喫茶店やカフェなど、消費が早いところでは
パフォーマンス的にも、瓶でディスプレイも有効なのでしょう。

最近では、こだわりのコーヒー屋さんやカフェがオリジナルで作っているものなど
オシャレなコーヒー缶もたくさん出てきたので
お気に入りを見つけてみるのも楽しいですね。

  1. Coffee Lover's
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0


新しい手帳 :: 2012/11/17(Sat)

ここのところ、所用で青山に行くことが続きました。
青山といえば、大好きなスパイラルマーケット。
オシャレな文具やインテリア、洗練されたアクセサリー、ステキなキッチングッズ。
センス良いセレクトで、身の回りをここのもので揃えたくなるほど。

先日立ち寄った時には、入り口付近に手帳コーナーが。
少し前から来年の手帳を探していたので、吸い込まれるように・・・

最初に手に取った、素材と表紙が気に入った手帳は
マンスリーとウィークリーの両方が付いたタイプ。
ウィークリーはいらないのよね~。 一ヶ月が一目で見れるのが好き。
時々思い出したようにレフィールを購入するエルメスの手帳も
革と大きさは気に入っているのに、レフィールがウィークリーしかないので
結局使わなかった・・・なんてことが何度あった事か。

いろいろなタイプを手当たり次第見て、ようやく決めたのはこちら。

IMG_3808_convert_20121118113449.jpg

1つの手帳に、マンスリーが2つ付いているタイプです。
仕事とプライベートを分けて管理できて便利。
そうそう、こんなの探してたのよ~。
今年の手帳は、公私入り乱れてごちゃごちゃでしたから。
1年間お世話になります・・・

IMG_3813_convert_20121118113536.jpg

そして、青山と言ったらもう一つ。
希須林の担担麺。 担担麺大好きです~。
この日のランチも、お客さんの8割は 「青山担担麺」 を注文していました。

DVC00028.jpg

この希須林、青山の他にも何店舗かあるのですが
私が最初に知ったのは、阿佐ヶ谷の希須林。
青山の担担麺も美味しいのですが、阿佐ヶ谷の方が私好み。
阿佐ヶ谷は、パンチの効いた、こっくり担担麺。
青山は、「青山担担麺」 というだけあって、上品な味。

DVC00031.jpg

兎にも角にも、青山に行ったら、希須林の担担麺です。

  1. My favorite
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0


秋色コーヒータイム :: 2012/11/05(Mon)

本格的に寒くなってきて、甘いものが恋しくなる季節・・・
コーヒータイムの彩りも衣替えです。

IMG_3693_convert_20121105000130.jpg

こちらのマグとプレートは、岐阜県土岐市で作陶されている、小澤基晴さんの作品。
このブロンズ釉の何とも言えないキレイな色味と、美しいフォルムがとても気に入っています。
「ブロンズ」ですが、ココア色? くるみ色? こういうブラウン、大好きです。
晩秋に使いたくなる色・・・。

実は、小澤さんの作品は、以前からうつわ屋さんのサイトで度々お見かけしていたのですが
先月、千葉県で開催された「工房からの風」 に参加されているのを知り
小澤さんのブースの前まで行ったのに・・・
突然の雨と、忙しくされていた小澤さんに声をかけられなかった気の小さい私・・・
お話しできる機会を逃してしまいました。

ところが、先日、立ち寄ったうつわ屋さんで、小澤さんのうつわを発見!
ようやく我が家に、このブロンズ釉のうつわがやってきました。

シンプルで無駄がなく、モダンな感じが、北欧のうつわに通じるものを感じます。
マグもプレートも最後の一点だったので、根気よく探して揃えて行きたいです。

IMG_3690_convert_20121105000211.jpg

お店には、もう一点、飴釉のマグとプレートも並んでいました。
深い深いブラウンのグラデーションで、本当に美しい艶の飴釉でした。
最近、メンズっぽいうつわに気持ちが向いているのは
小澤さんの作品をたくさん見ているからかしら・・・。

  1. うつわ
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0


千駄ヶ谷のうつわ屋さんランチ :: 2012/11/03(Sat)

先日、千駄ヶ谷にあるうつわ屋さん 「SHIZEN」 に行ってきました。

IMG_3398_convert_20121103230314.jpg

この日は、お気に入りの作家さんの個展が行われていて、展示を見に行ったのですが
一度入ってみたかった、2階のカフェでランチをいただいてきました。

IMG_3400_convert_20121103230355.jpg

開店直後に入ったので、一番乗り・・・
とてもステキな店内で、お店の方に許可をいただき、ぐるっと撮らせていただきました!

IMG_3403_convert_20121103230430.jpg

IMG_3410_convert_20121103230500.jpg

夜はバーとしても利用できるようで、このソファの席はくつろげそうですね~。

IMG_3413_convert_20121103230529.jpg

さて、いただいたのはこちら。
おススメをお伺いしたところ、焼き魚三種盛り定食などが人気だそうですが
常連さんがよく注文するという、本ツボ鯛もろみ味噌定食をお願いしました。
ごはんは、白米、玄米、五穀米から選べます。
メインの前に、サラダも付いてきました。
うつわ屋さんのカフェらしく、使っているうつわも作家もので
1つひとつをじっくり眺めながら、美味しいランチをいただきました。
食事を楽しんだ後には、1階のギャラリーで
カフェで使用されていた作家さんの作品を探すのも楽しいですね。

1階のテラススペースでは、炭火焼き肉ランチを始めたそうで、
スタッフの方が一生懸命、炭を熾していました。

  1. 美味しいもの
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0