Precious One  ~食にまつわるエトセトラ~






小さな水族館 :: 2012/03/25(Sun)

子供の頃から、インコ、カメ、クワガタ、犬、猫、金魚・・・
たくさんの小さな家族と暮らしてきましたが
ここ10年くらい、生活を共にしているのは、コッピーくんたち。
きっかけは、大手スーパーのインテリアコーナーで出会ってから。
専用のバイオ液で水環境を作り、水草を入れてあげます。
ごはんは2~3日ごとでOKな、世話のかからない、いい子たちです。

冬の間に水草が弱ってしまい、新しいものに替えないと、思っていた矢先
ホームセンターのペットコーナーで "水草の寄せ植え" を発見!
以前から、水槽でビオトープを作ってみたいと思っていたので
この機会に導入しました。

IMG_0822_convert_20120325224032.jpg

心なしか、コッピーたちも喜んでいるような・・・。
元気に泳ぎ回っています。 酸素の量が増えたからかな。

上から見るとこんな感じ。
夫が「島みたいだね」と。

IMG_0827_convert_20120325224108.jpg

お店では、小さなエビくんがかくれんぼしてました!
とっても可愛くて、一緒に飼えれば連れて来たかった・・・。


IMG_0831_convert_20120325224218.jpg

*キレイになってよかったね~*

スポンサーサイト
  1. My favorite
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0


乾燥注意報 :: 2012/03/18(Sun)

この冬はとにかく寒かった・・・雪もたくさん積もったし。
そんな極寒の冬、リビングでは暖房がフル稼働です。
暖房のせいか空気が乾燥して、痒くて痒くて。
今年に入ってからとうとう加湿器を購入しました。

IMG_0738_convert_20120318135932.jpg

最初は、暖房と一体になっているものを狙っていたのですが
メーカーで品切れしていて手に入らなかったので
お気に入りのインテリアショップで使っていたコレに決めました。
「SHIZUKU」という名前のとおり、ドロップ型が可愛いです。

スイッチを入れると、こんなふうにほんのりブルーのライトが。
吹き出し量もダイヤルで調整できます。

IMG_0745_convert_20120318135907.jpg

あるとき、吹き出しを最大にしていて居眠りをしてしまい
気づいたら部屋の中が亜熱帯のようなムワーンとした湿気で
床のあたりがドライアイスのような霧になっていたことがありました!!
小さいですが、それくらい加湿力は優秀です!

  1. My favorite
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0


ムーミンマグ :: 2012/03/17(Sat)

東京ドームシティー内のムーミンベーカリー&カフェに初めて訪れたとき
あまりの可愛さに一目惚れして購入した、フィンランドはアラビア社のムーミンマグ。
2004年限定の「クリスマス」です。

IMG_0718_convert_20120317212353.jpg

初めて手にして以来、発売される度に「可愛いなぁ〜」と思いながらも
集め出すときりがないので、眺めるだけにとどめておきました。
そして、7年振りに購入した2011年限定マグ。
「ウィンターゲームス」というネーミングです。

IMG_0737_convert_20120317212532.jpg

イラストはムーミンコミックスの中の「やっかいな冬」から。
2010年限定マグの「スキーコンペティション」の続きのような感じになっているんです。
揃えると可愛いかもしれませんが、残念ながら2010年マグは完売しています。

IMG_0723_convert_20120317212443.jpg

カップの裏側には、こんな可愛いムーミンが・・・♪
このイラストは、ムーミンシリーズ共通です。
箱もとっても可愛いんですよ!

IMG_0672_convert_20120317212708.jpg

IMG_0719_convert_20120317212618.jpg

このシリーズは、可愛いだけではなく、実用性もばっちり!
アラビア社とはグループ会社であるイッタラの人気シリーズ
Teemaマグ300mlがベースとなっているのも魅力的です。
一見ぽってりして見えるのですが、口に当たる部分は程よい厚みで使い心地もgood♪

ところで・・・ムーミンはカバではありません。
ムーミントロールという、妖精なんですよ!!


*おまけ*

2011年は、こんなに可愛いミニマグも製造されていました♪
商品としてではなく、ノベルティとして作られたものだそう。
多くのお店では、アラビア・イッタラ製品を買うとおまけとしてプレゼントしていたようです。
大さじ1杯ほどの容量でとっても可愛いです!

IMG_0814_convert_20120318135824.jpg

  1. うつわ
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0


煮込みならおまかせ♪ :: 2012/03/06(Tue)

もちろん、ル・クルーゼも煮込みは大得意です。
ル・クルーゼでご飯を炊くのは、有名な料理家の方も紹介しています。

が・・・我が家で長時間煮込みといえば、ストウブの23㎝ココット。

IMG_0769_convert_20120305005200.jpg

ル・クルーゼは色も形も可愛らしく、女性的なのに比べ
こちらはなんだか硬派で無骨な感じ。
フランスの三ツ星シェフも絶賛のお鍋です。

このお鍋の最大のポイントは、蓋の裏側のピコ。
このピコが旨味を含んだ蒸気を循環させて美味しさを外に逃がさないのだそう。

IMG_0773_convert_20120305005230.jpg

保温性が高く火を止めてからも加熱が続くので、ある程度煮込んだら蓋をしたまま放置しておきます。
このお鍋でカレーを作るようになってから、じゃがいもが煮崩れたことは一度もありません。

購入した当時は黒しかなかったのですが、今ではル・クルーゼ並みにカラフルになりましたね。
形違いも欲しいくらい気に入ってます♪

  1. kitchen goods
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0


我が家のエース鍋 :: 2012/03/05(Mon)

今、一番活躍しているのは、ル・クルーゼの16㎝片手鍋。

IMG_0746_convert_20120304235317.jpg

IMG_0747_convert_20120304235409.jpg

7年くらい前に買い求めたもので、当時、形か色が日本未入荷のものだったと思います。
真っ白でつるっとしていて、ぽってりした感じが可愛い♪
白は汚れが気にならないかな、とか、持ち手部分が熱くなりそう、とか
いろいろ悩んだのですが、この可愛さにやられました・・・。
小さいようですが、少量の煮物とか、野菜を下茹でするときにとっても便利。
フライドポテトや揚げ出し豆腐などのちょっとしたおつまみも
このお鍋なら少しの油で揚げられます。
汚れやすいのは否めませんが、重曹を煮ればするっと落ちてしまいます。


もう一つ、同じ時期に購入した18㎝の両手鍋。

IMG_0758_convert_20120304235445.jpg

こちらは白ではなく、グラナイトクリームという色で
コンランショップと新宿伊勢丹で限定販売されていた色だそう。
質感も全体的にマットで、表面がザラッとした石のような感じ。
紹介のコメントに「和食の食卓にもピッタリ」と書いてあったのが購入のポイントでした。

IMG_0751_convert_20120304235800.jpg

ル・クルーゼのお鍋は、最初は重たくて洗うのも大変!!と思いましたが
慣れてしまえば全然大丈夫。
いいお鍋を普段使いしてお料理をしていると、腕も上がったような錯覚に陥ります・・・。

似ているようですが、2つ並べてみると色や質感の違いがはっきり。

IMG_0765_convert_20120304235650.jpg

  1. kitchen goods
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0